サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

痛いのはイヤ!というあなたのための脱毛選び

レーザーを使うとか、針で挿すとか、ヒゲ脱毛にはとにかく「痛い」というイメージがつきものですね。でも、実際どのくらい痛みがあるものなのか、経験した方の意見をまとめてみました。

一番痛みが強いのはどこの部分?

顔のパーツにも様々な部分があり、皮膚の弱い部分や、感覚の鋭い部分を脱毛するときにはどうしても他より強い痛みを伴います。一般的に最も痛みに敏感なのは、鼻の下、次に口元、口の下の部分と言われています。綺麗な肌を手にいれるのは多少の犠牲がつきものです。不意打ちだと辛い痛みも、ある程度の覚悟をして臨めば、多少は軽減されるかも。

痛みのすくない脱毛方法は?

最も痛みのすくない脱毛方法は、光脱毛です。一度にあてる光の強さが弱いため、デコピンされたくらいの痛みを我慢できればOKです。次に痛まないのはニードル脱毛と言われます。毛抜きで毛を抜くくらいの痛さがあるものの、そこまで痛くはありません。
ヒゲ脱毛の中でもかなり痛みを伴うのが、レーザー脱毛です。束にした輪ゴムを勢い良く当てられたような、きつく鋭い痛みがあります。自分は痛みを我慢するのが苦手だなという方は、まず光脱毛のトライアルなどでお試しをしてみて、大丈夫かどうか見てみると良いでしょう。

痛みを我慢しないでヒゲ脱毛をする方法ってあるの?

痛いのは嫌だけど、レーザー脱毛で一気にツルスベになりたい! そんなあなたのために、最近の脱毛サロンでは、専用の麻酔を準備しているお店が増えてきました。我慢しないで麻酔を使えば、より快適にヒゲとサヨナラすることが叶うでしょう。

痛いのが嫌でサロンに行かなくなってしまった…なんてもったいないですよね。誰でも痛みは歓迎しないものですから、辛いのであれば積極的に痛みの少ない脱毛方法や麻酔の使用で、より痛くない施術を受けられるといいですね。